忍者ブログ
書き言葉は標準語だけどつっこんじゃいやん
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相撲協会と YOSHIKI の話なんですけどもね。

事実関係については、ほぼ YOSHIKI 側の言い分で正しいようです。

その前提に従って言えば、支度部屋での出来事は客に対して、ましてや横綱白鵬の招待した客に対しての粗相ということになるわけで、はなはだ非常識だと言わざるをえませんね。この点に関しては相撲協会側を擁護するつもりはありません。その場で事を荒立てなかった YOSHIKI の配慮も立派なものだったと思います。

でもそのあとの YOSHIKI 側の始末はちょっと大人げなかったんじゃないでしょうか?

一部のマスコミ報道の内容に事実と違うことを書かれた。そのことを弁明し、記事に抗議するのはいいですけど、相撲協会への噛みつき方は大人気なかったですね。

横綱白鵬が自ら YOSHIKI のもとへ謝罪しに来ているわけで、招待した客に対しての失礼は招待者である横綱が詫びを入れたらそれで終わりでしょう。あとは内部、すなわち横綱側で処理するべき問題です。その後、必要があれば相撲協会から謝罪するなり誠意を見せればいいことで、YOSHIKI はそれを待っているべきだったと思うんですよね。それで横綱の顔を立てることにもなるわけですから。

しかし YOSHIKI はあくまでも横綱と相撲協会を切り離して「横綱は悪くないんだから」と横綱の優勝を純粋に祝福し、相撲協会へ抗議をしました。

これは一見したところでは、友人(横綱)を気遣いつつ問題の切り分けをした冷静な対応と取られるかもしれませんが、その実、ホストである責任から自ら謝罪に足を運んだ横綱の顔を潰しているわけですから、逆に失礼にあたるし大人げない対応だったと思います。

YOSHIKI はスタンドプレーに走りすぎた、とも言えるでしょうか。

まあ騒ぎすぎたな、と後で気づいたのか YOSHIKI も態度を変えて話は落ち着いたようですけどね。あるいは YOSHIKI が大人の対応できる人なイメージでダメを押したかったのかもしれませんが(笑)

かつて HEY!×3 出演時のトークで、YOSHIKI がカレーが辛いとかシャワーが熱いとかで怒っては現場から帰ってしまう、という伝説?を聞いたことがあるので、YOSHIKI の人間像をうがった見方でとらえてしまうところに、素直に彼を擁護できない自分がいるのかな?とも思ったりするわけで。

今の時期は何でもかんでも相撲協会を叩いとけ!って風潮に抗いたい気持ちも無きにしも非ず、です。

拍手[0回]

PR
 今回も有権者はただの観客でしかない劇場型政治が幕を開けるのですね。

有権者が望んでるならそれもしかたないか・・・・・

拍手[0回]

 失言続きの国交大臣がもう辞任するそうで・・・。

一般市民でも想像付くところだと名刺とか大臣の席のネームプレートとか作り直すんだろうから、大臣が変わるだけでもいろいろと無駄な税金を使いそうなんですが、あんな人間を公務員の中でも高水準の給料でいわば国民の税金によって養っていたわけで・・・。

国庫の損失なんだからきちんと損害を賠償してほしいものですけどね。「ごめんなさい」で辞めればそれで終わりという世界に浸ってきた人たちに、民間企業を指導する資格があるのか?と思うわけです。

三笠フーズの問題も石破農水大臣はどう決着つけるのか?という以前にその資格のある人なのだろうか?という疑問が先に出てくるわけで。

拍手[0回]

 学力テストの市町村別成績を公開するか否かで大阪を起点として全国の市町村教育委員会が反発してるんですが、もう意味がわからない。順序を決めるためのものがテストであり、全体の中でどこに位置しているかを知ることがテストの最大の利点であるというのに。

市町村別の学力が序列化されることよりも、教育委員会や現場教員の序列化を嫌がってるなら素直にそういえばいいのにね。仕事なんてのは他と比較されて始めて評価ができるものであって、自己満足ではどうにもならない。教育委員会さんって実は仕事してないんですか?だったら評価も意味がないからテスト結果公表しなくてもいいけど(笑)

先月盛り上がったオリンピックでも、今行われているパラリンピックでも、順序を決めるための大会であり、その結果に一喜一憂するから努力の価値というのが理解できるものだと思うんですけど、2学期が始まってから教育現場ではオリンピックを通じて何を子供たちに教えてあげているのだろう?と疑問に思ったりするわけで。

拍手[0回]

 ニュースを騒がせている三笠フーズの件ですが、毒を故意に撒いてるんだからある種の食品テロだと思うんですよね。たとえ健康被害が確認されなくても死んで詫びろと言いたい。なんとか生き残りたい、あわよくば事業を再建したい、なんて甘えたことを考えてるのが見え見えで腹が立ちます。

こういう時って日本の場合じゃ、実際に病気になったとかの実害がないと個人で訴えることは困難なんですかねぇ?訴訟大国のアメリカだと「安心して食料品を買えなくなった」とか「安全な食品を摂取する権利を侵害された」とか言って慰謝料を請求したりできるんでしょうか?

もし日本でもそういうことが可能なら、1億人が総決起して流通させた企業と農水省を相手に訴訟を起こしたいものですよ。1人10万円の慰謝料でも総額10兆円を請求する前代未聞の民事訴訟になるでしょうし、同じような食品偽装をしている企業への強烈な抑止力になると思うんですけどね。

別に金が取れなくたってかまわないんですよ。裁判で勝ったところで支払い能力が無いのはわかってるんだから。でもやり直そう、何とか逃げ切ろう、闇に隠れてでも細々と生き残ろう、という気持ちをそぐことはできる。ヘラヘラと会見で答える経理担当や変装して逃げる社長が自殺でもしてくれたら言うこと無しです。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
SNS
最新コメント
[12/03 なみさん]
[12/01 りょう]
[09/13 NONAME]
[09/06 ただの庶民]
[08/11 NONAME]
[08/06 みかん]
[07/26 ミミ]
[07/25 まあくん]
[07/25 ミミ]
[07/24 大阪人]
バーコード
プロフィール
HN:
まあくん
性別:
男性
自己紹介:
なにげなく関西人です。
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]