忍者ブログ
書き言葉は標準語だけどつっこんじゃいやん
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新しもの好きゆえに飛びついてしまった Google Chrome
(Google翻訳の結果では“クローム”じゃなくて“クロム”でした)

言わずと知れた Google の発表した新ブラウザなのですが、あまりの軽快さとシンプルさにいつの間にやら私のメインブラウザへと昇格してしまいました。

セキュリティ面での心配も残るし、対応ブラウザに厳しいサイトもあったり、一部の動的コンテンツの動作に不具合があったりと、完全移行とまでは行かないのですが使用率は8割を超えてるでしょうか?

なんせベータ版ゆえに(正式版のリリースがあるのかさえ微妙ですけど)バージョンアップが楽しみで楽しみでしかたない(笑) 今現在の最新バージョンは 0.2.149.30 ということになっていますが、これよりさらに新しいバージョンがすでにリリースされているようです。

なんと Google Chrome には開発者・テスター向けの「Devチャンネル」というのが存在するようです。

分かりやすく言えばChrome の中に切り替えスイッチのようなものがあり、通常は「Betaチャンネル」という状態で動作しているのですが、チャンネルを Dev にスイッチすれば最新のバグ修正と新機能を備えたいわゆる「Devチャンネル限定公開バージョン」へのアップデートが可能になります。当然ですがこれは「不安定バージョン」ということもできるのでそれなりの覚悟は必要になります。

・・・・とはいっても、新しもの好きには見逃せない話であり、メインブラウザーをわざわざ不安定なバージョンにするという無謀なことでもやってみたくなるこの気持ちは抑え切れませんでした(笑)

詳細は Google Japan Blog の記事 を読んでほしいのですが、最新バージョンは 0.2.153.1 となっています。

ノートPCのタッチパッドで上スクロールができない不具合の修正、閲覧履歴の消去ウインドウでチェックボックスの選択を記憶できるようになるなど多数の修正と改善、スペルチェック辞書に単語を登録できたり、右クリックメニューからページ情報を見ることができるようになるという多数の機能追加を含んでいます。

肝心な詳しい説明の部分が英語のページになっているのでなんですが、ここではDevチャンネルへの切り替え方法とその後のアップデートの方法だけ書いておこうと思います。

・ まず、Google Chrome Channel Chooser というものをダウンロードして実行します。
・ Beta か Dev を選択するラジオボタンがあるので、Dev を選択し Update ボタンをクリック。
・ 確認ダイアログが出るので OK をクリックし、元のウインドウも Close で閉じます。
・ そして Google Chrome の設定アイコン(スパナのマーク)から「Google Chrome について」を選択。
・ バージョン情報の表示とともにアップデートチェッカーが動き出します。
・ アップデートするかを問われたらボタンをクリック。
・ アップデートが始まります・・・・ちょっと時間が長いです。
・ アップデートが完了したら Chrome を再起動。

これでDevチャンネル限定公開の最新版になります。

拍手[0回]

PR
 一昨日の記事で紹介したウイルスバスター2009の軽量化の方法の一部で、それを行うとアップデートがうまく適用されずにアップデートチェックのたびに同じパターンファイルを何度もダウンロードしてしまう、という現象が発生することを確認したのでその回避法を記しておきます。
 
問題の現象が発生する原因は、「その他のツール」のインストールフォルダにあたる TrendSecure フォルダの名前を変えるというものです。これはその他のツールのすべてをアンインストールしてもなお常駐する TSCFCommander.exe の起動を阻止する目的でした。ところがそこで使われるパターンファイル等のアップデートは本体と同時にチェックされて最新版があれば更新しようとするため、フォルダ名を変えているがために正しく更新できないままアップデートを繰り返そうとしてしまいます。
 
インストールフォルダを見てみると C:\Program Files\Trend Micro に名前を変えたフォルダ(私の場合は TrendSecure-none)のほかに TrendSecure が再び作成され、その中には新しいパターンファイルだけがぽつんと置かれています。現時点でアップデートできていないのは「Webページ脅威分析ルール」というパターンファイルで、一応ログには成功したものとして残るんですけど実はバージョンが上がっていないから同じ事の繰り返し・・・・という状態が延々と続いています。
 
さて、この問題の回避策を現状2つ見つけました。どちらにしても TSCFCommander.exe の起動回避が前提です。
 
 
一つ目はパターンファイルのアップデートが正常に適用されるようにする方法です。これはいつかその他のツールを使おうかな?と思い立ったときにはすぐに最新の状態で使えるように準備だけしておけるというメリットがあり、さらには回避方法もある程度簡単で安全という面もあります。デメリットは一生使わないかもしれない機能のアップデートをしてしまうことです。そういうのが気にならないのであればこちらがお勧めになります。
 
まずは前回変えたフォルダ名を元の TrendSecure に戻します。パターンファイルだけが入った TrendSecure フォルダがある場合は先にこちらを削除しておく必要があります。そして名前を戻したフォルダの中にある TSCFCmdrLauncher.exe というファイルの名前を適当に変えます。気をつけなければいけないのは TSCFCommander.exe はいじらないということです。これをいじってしまうとパターンファイルのアップデートが正しく適用できません。私は none-TSCFCmdrLauncher.exe と名前を変えました。
 
これで手動でも自動でもいいのでアップデートをすると正しく適用されるようになります。しかしPCを再起動しても  TSCFCommander.exe は起動しません。これで解決です。
 
2つ目の方法はレジストリをいじります。初心者の方にはお勧めできません。
 

拍手[2回]

※ 2009年9月5日追記:ウイルスバスター2010の発表に伴い、新バージョンの軽量化レポートを掲載しました。バージョンアップ済みの方やバージョンアップに迷ってる方はぜひ新作もお読みください


今月10日にウイルスバスター2009が公開されました。2002からのバスター使いである私も、例年よりちょっと早めの公開に急かされて2009を早速インストール。3台のPCとも特に問題はなく、ここまで約1週間を無事に過ごせています。
 
新機能の搭載やメモリ使用量の更なる削減がニュースになっている裏で、トラブルに見舞われてしまった人の話も見かけます。私はそういうのを横目にみながら(笑)ちょっと古いPCだとこの機能満載なウイルスバスターはさすがにそのままでは重いので、試行錯誤して軽量化を目指してきました。それもひと段落ついたので、ここでその軽量化計画(なんか語感が悪い)を記しておこうと思います。
 
デフォルト設定のインストール直後から軽量化後への変化を見たいので、順調に稼動している2009を一旦アンインストールし、新規インストールするところから始めました。体感的な変化もよくわかるように一番低スペックのPCを検証に使用しました。CPUはPenⅢの1Ghz、メモリは512MB、OSはWinXPpro(SP3)+9月の最新パッチ提供済み。マイクロソフト以外のサービスやスタートアップは極力停止して再起動しておきます。
 
では参ります。
 
 
0.前準備
 
とりえず今入っている2009をアンインストールします。が、その前にトレンドマイクロからインストールファイルの本体(ダウンローダではない)をとってきます。このページの「ウイルスバスター2009 (32ビット版) はここから」から直接ダウンロード。サイズは78MBになります。さらに2009のメイン画面からプロダクトキーをメモ。これで準備万端、アンインストールの開始です。
 
普通にスタートメニューからアンインストーラを起動しで削除を開始します。完了後は促されるままに再起動。ここで残ったゴミもできるだけきれいにしましょう。インストールフォルダと個人情報フォルダ、レジストリの方も丹念に調べて残りかすを削除。そして念のために再起動。
 
さあ、やっとのことでインストール開始です。プロダクトキーを入力し標準設定のまま進めます。クリーンインストールなので完了後も再起動は進められませんでした。そのままアップデート済ませ、クイック検索も一応しますがこちらはスパイウエアの検索までで中止します()。この間にリモートファイルロックの初期セットアップを促すポップアップが出ますが放置するか「いいえ」を選択して無視をします。さて、初期設定を確認してみましょう。
 
※ クイック検索(全体検索も同じですが)を始めるとトロイの木馬検索→スパイウェア検索→ウイルス検索と進みます。スパイウェア検索時には「一時停止」ボタンが無効になるのですが、ウイルス検索が始まるとまた有効になります。ここまで来たら「中止」ボタンで止めます。これで検索をしたことになるので検索を促す警告をしばらくの間出さなくてすみます。
 
 
 

拍手[17回]

検索サイト最大手のGoogleが独自ブラウザを発表・・・というニュースを聞いてすぐに導入したんだけど、とにかく起動が早いのなんのって!動的コンテンツの少ないページなら表示の速さもNo.1。IEをメインに使ってる人なら世界が変わって見えるかもしれません(笑)
だけどFlashの重たいページのときはCPU使用率がすごくて最悪落ちます。まあオープンソースということで今後に期待ですね。

Google Chrome β 日本語版

「クローム」って読むんだよ~ 「ちょろめ」じゃないよ(笑)

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
SNS
最新コメント
[12/03 なみさん]
[12/01 りょう]
[09/13 NONAME]
[09/06 ただの庶民]
[08/11 NONAME]
[08/06 みかん]
[07/26 ミミ]
[07/25 まあくん]
[07/25 ミミ]
[07/24 大阪人]
バーコード
プロフィール
HN:
まあくん
性別:
男性
自己紹介:
なにげなく関西人です。
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]