忍者ブログ
書き言葉は標準語だけどつっこんじゃいやん
[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨年公開された無償のセキュリティソフト 『Microsoft Security Essentials(MSE)』 の評判が良いようです。
私自身も3台所有するPCの1台にこれを導入していますが、なかなかいい感じで気に入っています。
 
MSEを賞賛するブログ記事などを今年に入ってもよく見かけるのですが、その記事の内容に若干の疑問を感じるものも少なからずあります。
 
「Microsoft 製のソフトだから Windows との相性はバッチリなはず」という親和性についての評価(期待?)については同意します。
やはりセキュリティソフトというのはその性格上、システムの深いところまで根を下ろす必要があるために些細なことで Windows やほかのソフトの動作に影響を与えかねません。それがトラブルであれば再インストールやリカバリなどの面倒な作業が必要な深刻な事態に至ることも少なくはありません。
経験上そういったことを知っている人にとっては Windows と同じメーカーの製品というだけで魅力的に感じてしまうのはごく自然なことでしょう。
 
 
しかし次の評価には疑問を感じます。
 
「市販のソフトに比べて軽い」
 
軽いことは確かに事実です。
でも市販のソフトと単純に比較してよいものなのでしょうか?
 
 
この記事の冒頭から「セキュリティソフト」という言葉でこのジャンルのソフトウエアを表現していますが、以前はもっと「ウイルス対策ソフト」という呼び方が一般的だったかと思います。
 
ウイルス対策という言葉も正式には、ウイルス・スパイウェア・不正なプログラムなどを総称するマルウェアという言葉を使って「マルウェア対策」と表現するべきかもしれません。
 
当ブログでもたびたび取り上げているウイルスバスターを例にとると、その機能はマルウェア対策だけにとどまらず、パーソナルファイアウォール不正なシステムの変更監視フィッシング詐欺などの有害サイトフィルタ迷惑メール対策など複数の機能が統合された「総合セキュリティソフト」と呼ぶべき存在です。
他社の有名なセキュリティ製品についても同様の事が言えるかと思います。
 
他方、MSEはというとマルウエア対策単一機能だけのセキュリティソフト、いわゆる「マルウェア対策ソフト」です。
 
市販ソフトからMSEに乗り換えた場合で、市販ソフト利用時と同様のセキュリティ環境を実現するならば、パーソナルファイアウォールは Windowsファイアウォールで、不正なシステム変更の予防にはユーザアカウント制御で、有害サイトフィルタについてはIE8のインターネットオプションから該当する設定を、迷惑メールに関してはOutlookなどのフィルタリング機能を、それぞれ有効にし適切な設定を個別に施す必要があります。
 
これらの機能すべてが Windows あるいは Microsoft 製品により標準機能として提供されているからこそ、MSEがマルウェア対策機能に限定されているのはある意味で必然かと思います。
 
 
「MSEは市販ソフトに比べて軽い」
 
これは紛れもない事実です。
が、MSE単体と市販ソフトを単純比較したこの評価の根底に、もし機能面においてもMSE単体で市販製品の代替になりうるという誤解が存在しているのならば、これは新たな人為的セキュリティホールと言えるのかもしれません。

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
SNS
最新コメント
[12/03 なみさん]
[12/01 りょう]
[09/13 NONAME]
[09/06 ただの庶民]
[08/11 NONAME]
[08/06 みかん]
[07/26 ミミ]
[07/25 まあくん]
[07/25 ミミ]
[07/24 大阪人]
バーコード
プロフィール
HN:
まあくん
性別:
男性
自己紹介:
なにげなく関西人です。
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]